理念・基本姿勢

3.11東日本大震災による原発事故は私にとってショックであったと同時に、今までの自分の生き方の甘さを省みる大きな契機となりました。そして原発都民投票条例の請求運動、市民放射能測定室の立ち上げ、被災地の子どもの保養プログラムなどを通じて、多くの市民の思い、様々な議員の姿、行政に携わる人々を目の当たりにしてきました。
小さくてもできることをコツコツと続けることで、自然に人と人がつながり、そして様々な思いがぶつかることで生まれる新しい道筋を発見し続ける毎日です。
生活者ネットワークは、たくさんの市民の知恵を束ねて動いていく政治団体です。
一人だけで議会に挑むことはできません。皆様の知恵をお借りし、政策の方向性が本当にこれで良いのかどうか常に検討を重ねながら、生活者ネットワークならではの視点を携えて取り組んでいきたいと思います。

 

私たちが取り組む 「平和・人権・環境」

■地域から平和をつくります

 ・憲法の理念を活かします

・おとなも子どもも憲法を学ぶ機会を持ちます

■誰もが安心して地域で 学び・働き・暮らせるように

 ・食の安全に取り組みます

・地域で助け合えるしくみをつくります

・子育てを支援する多様なしくみをつくります

 ・公的会議で女性の比率を高めます

■次世代に残す環境をつくります

 ・脱原発をすすめます

 ・地域発電でエネルギーの選択肢を増やします

 ・里山、谷戸、農地などを残し活かします

 ・ごみ減量をすすめます