南町田の駅周辺開発は・・・

2015年11月15日 20時30分 | カテゴリー: 活動報告

 

なかなかブログ更新の時間がとれないけれど、どうしても言いたくなった。

 

 一般質問で、「公園など、公共施設部分、つまり町田市の持ち分の利用方法については、検討会だけでなく、ワークショップの場でも話し合う」と答えたはず。

 それがどうして、今日の南町田を考えるラボで、

「何かしらワーキング的なことをやると思います・・・」と、後退するような発言になるのか?

 町内会に入っていない住民意見はどうでもいい?というか、5つの自治会からなる検討委員会の意見すら最初から聞く気がない。

   聞くのは東急の意見だけ。

 あれだけあった、たくさんの希望。市民が集う拠点に乏しい地域。

  ラボだって鶴間小学校の体育館を借りるしかない。

 

 行政企画のラボを通し、財政難だから公共施設の縮小は仕方ない、我慢しなくちゃならない、と思わされた人もいるけれど、

一方で、

「美術館の隣にもう一つ美術館をつくるって・・・?」

「野津田公園に広大なスポーツ公園?」

「2000人収容のコンサートホール?」

 市民生活に身近な施設を縮小するという一方で、生活から遠いテーマパークばかりをつくる計画に、疑問を抱いている人もいますからね。

 

 どう説明をつけるのか。町田の端っこはどうでもいいのか。

 そもそも、観光客と住民とどちらが大事なのか。

 

 ラボで出てきた様々な意見を「生かして欲しい」「広報して欲しい」の声を聞くべきだ。

 住民意見を置いてきぼりに、行政と東急で突っ走るのか。

 整備計画行程表の中の「ワークショップ」の文字を消すつもりか。

 注目しています。